歯ブラシの選び方

ドラッグストアやスーパーには、たくさんの歯ブラシが販売されています。
きちんとした選び方を知ることで、口の中を効果的に清潔にすることができます。

歯ブラシは、自分の口に合ったものを選ぶことが大切です。
歯周病で歯茎が腫れている場合は、毛先が柔らかいものにすると、
痛めることなく、歯をきれいに磨くことができます。

虫歯予防をする場合は、ふつうの硬さのものにします。
かためというものも販売されていますが、硬すぎてしまうと、
歯茎を傷つける原因になります。
ゴシゴシと力を入れて磨かないように注意が必要です。
力を入れて磨いてしまうと、毛先が広がってしまいます。

毛先の部分の大きさが、大きすぎると奥歯まで届かないことがあります。
せっかく磨いていても毛先が届かないことで、虫歯になってしまいます。
毛先はコンパクトなものを選らんだ方が、すみずみまで磨くことができます。
特に、歯並びが悪い場合は、小さな毛先で、きちんと磨けるように、
細かく動かしていきます。
歯磨きは日常の習慣として根付いていますが、毎日磨いていても、
磨けていないことが多くあります。
鏡を見ながら磨くことで、実際に毛先が歯に当たっているかを確認することができます。

コメントは受け付けていません。